春休み 発見☆体験 がくしゅうかん

3月13日(金)に佐賀市内で初の新型コロナウィルスの感染者が確認されました。そのため、感染拡大防止の観点から春休みのイベントを中止することとなりました。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。

春休み期間に、天文や科学に関する教室を開催します。
事前申し込みの必要なものもありますので、お早めにお問合せ下さいね。


○科学工作「丸い筒の紙飛行機を飛ばそう」
ロケットや人工衛星はどうして決められたコースを飛ぶのだろう。
ジャイロ効果について学ぼう。トイレットペーパーやラップの紙芯を使って円筒型飛行体を作り、回転させて飛ばします。
日時:3月21日(土)13:30~15:00
募集:小学生(小学3年生以下は保護者同伴)20名
参加費:100円(要申込)
講師:山崎顯治さん(佐賀市少年少女発明クラブ)


○音を科学する~ヴァイオリンを弾いてみよう~
音の出る仕組みを知って体験しよう!ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの音色を聴いて、見て、触れて、楽しもう。
幼児から大人まで、それぞれに合う大きさのヴァイオリンをたくさんそろえているよ。楽器の構造の展示もあるよ。
日時:3月22日(日)
  ①11:00~12:00 ②13:30~14:30
募集:幼児から大人まで
  午前・午後各回40名
参加費:無料(要申込)
講師:佐賀ユースオーケストラ


O科学教室「煮干しの解剖に挑戦!」
「煮干(にぼ)し」はお味噌汁のだしなどに使うもので、小魚を煮て干したものです。
乾燥してはいますが、体の中のつくりはきちんと残っているので、解剖して観察しましょう。
日時:3月28日(土)13:30~15:00
募集:小学生以上 20名
参加費:100円 (要申込)
講師:中島由晶さん(さが科学少年団)


○誕生星座の二重星スタンプラリー
肉眼では1つ、望遠鏡では2つに分かれて見える星「二重星」。ふたご座、かに座、しし座、おとめ座など春の夜空に輝く二重星を望遠鏡でみて、スタンプを集めよう。3月28日には二重星のお話も聞けるよ。
スタンプラリー期間:3月20日(金)~4月25日(土)
二重星のお話開催日時:3月28日(土)19:00~
対象:どなたでも
参加費:無料(申込不要)
★期間中、スタンプをすべて集められた方には星の写真をプレゼント!


○手作り望遠鏡をつくろう
望遠鏡の仕組みを学びながら、口径4cmの天体望遠鏡の工作をしよう。
日時:3月29日(日)13:30~15:30
募集:どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)20名
参加費:2,900円(要申込)


○金星のすばるへの侵入を観察しよう
日時:4月3日(金)4日(土)20:00~22:00
内容:おうし座の星の集まり「すばる」の手前を金星がゆっくりと通過します。金星とすばるの美しい共演を双眼鏡や望遠鏡で見てみよう!
対象:どなたでも
参加費:無料(申込不要)

 


イベントのチラシはこちら→PDFファイル(634KB)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です