「冬のほしぞらさんぽ」イベント

 2018131日(水)~217日(土)

美しい星の集まり「すばる」や「オリオン座」、カラフルな一等星が作る「冬の大三角」と「冬のダイヤモンド」、見ると幸せになれる星「カノープス」が冬の星空を美しく彩ります。澄んだ空に輝く星たちを巡る「ほしぞら散歩」に出かけませんか?

〇予定イベント一覧
皆既月食観望会  ※申込不要
この日は、満月が欠けていって、暗い月になり、また元に戻っていく皆既月食がみられます。満月が欠けて細くなる様子や皆既中の赤黒い月、輝き始める冬の星座を楽しめます。
日時:1月31日(水)20時30分~23時30分(初めに月食についてのお話を行います)定員:なし  参加費:無料  対象:どなたでも

自分の天体望遠鏡の使い方を学ぼう  ※要予約
家に使い方が分からない望遠鏡はありませんか?家にある望遠鏡を持ってきて頂き、その望遠鏡に合わせて基本的な使い方・操作方法、観察にオススメの星をお伝えします。
日時:2月3日(土)14時~16時  定員:15名
対象:どなたでも(小学3年生以下は保護者同伴)
参加費:無料  持って来るもの:お持ちの望遠鏡

昼間に夏の大三角の星を観察しよう  ※申込不要
夏の大三角の星、こと座のベガやわし座のアルタイル、はくちょう座のデネブは、冬は昼間の空に望遠鏡を向けると見ることができます。青空の中できらきらと光りきれいですよ!
日時:2月10日(土)・11日(日)14時~16時
定員:なし  参加費:無料  対象:どなたでも

科学工作「どんぐりとトンボのやじろべえ作り」  ※要予約
少しゆれてもかたむいても転びそうで転ばない不思議なおもちゃ・やじろべえ。今回は、どんぐりのやじろべえと紙で作るトンボ型のやじろべえを作ります。
日時:2月10日(土)14時~15時
定員:20人  参加費:無料   対象:どなたでも

LEDで輝く星座早見盤を作ろう  ※要予約
星空の下、暗い場所でも使える星座早見盤を作ります。天の川やたくさんの星がキラキラと光り、星の明るさや色の違いも分かるので、星座をたどりやすくなっています。
日時:2月11日(日)14時~17時
定員:8人  材料代:1200円  対象:小学4年生以上

冬の親子ほしぞら教室  ※要予約
1組に1台の双眼鏡を貸し出して、自分で星を探す楽しみを学ぶ教室です。冬の星々、オリオン大星雲、すばるなどを観察します。雨や曇りのときは、星・宇宙のお話や簡単な工作を行います。
日時:2月11日(日)19時30分~21時
定員:20人  資料代:500円  対象:小学4年生以上の親子

冬の星空散歩とカノープス観察会(博物館セミナー) ※申込不要講義では、冬の星座と星の色の違いについてのお話と工作、観察会では美しい冬の星空と冬の1等星の1つ「カノープス」を観察します。宝石のように輝く冬の星空を散歩しよう!
日にち:2月17日(土)18時30分~21時30分

【第1部】講義:冬の星座の探し方・分光器作り
時間:18時30分~19時30分 講師:佐賀県立博物館  宮園誠司さん
定員:先着40 名  参加費:無料  対象:どなたでも
【第2部】観察:地平線すれすれ!幸せの星「カノープス」観察に挑戦
時間:19時30分~21時30分(自由解散) 担当:星空学習館
定員:なし  参加費:無料  対象:どなたでも

・主催/佐賀県立博物館  ・共催/(一社)佐賀天文協会
(例年会場にしていた県庁が使用できないため、今年は星空学習館で行います。)