流れ星を観察しよう

流れ星を観察しよう

■流れ星ってなんだろう
流れ星の素はほとんどが直径1mmから2㎜以下の小さな砂粒のようなものです。この小さな砂粒のようなものが、宇宙から地球の大気に落ちてくるとプラズマ状態になり強い光を放ちます。これが地上から流れ星として見えます。

■流れ星はどんな風にみえる?
流れ星は、一筋の光がすーっと流れて消えるように見ます。だいたい1秒以下長くても5秒ぐらいで消えてしまいます。まれに、大きく明るく輝く「火球」と呼ばれる流れ星が見られることあります。

間違えやすい光
・白や赤・緑の光が点滅して動いている・・・・飛行機
・点滅しない光がゆっくりと動いている・・・人工衛星、国際宇宙ステーション
・尾のような形をしていた・・・雲か飛行機

■流れ星がみやすい日・場所
明るい月や街明かりがあると暗い流れ星が見えなくなってしまいます。月が空に出ていない時間を選んで観察するのがおすすめです。そして、街明かりが無く、できるだけ空が広く見える場所を選びましょう。

■流れ星が多く見える時期
地球は1年かけて太陽の周りをまわっていますが、その道の途中に流れ星の素がたくさん集まっている場所があります。その場所を地球が通るときにたくさんの流れ星をみることができます。このように流れ星がたくさん見られることを「流星群」と呼んでいます。地上から見ると1つの星座を中心に放射状に流れ星が流れて見えることから流星群には星座の名前がついています。

主な流星群の一覧

極大時1時間あたりの流星数が多い流星群「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」「ふたご座流星群」を3大流星群と呼んでいます。極大日は、毎年数日にずれることがあります。

■ペルセウス座流星群を観察しよう

今年のペルセウス座流星群は、2020年8月12日(水)22時頃が極大と予想されています。天の川がみえるような暗い空だと1時間20~40個の流れ星をみることができます。日付が変わるころには月が出てくるので見える流れ星は減るでしょう。

観察日:2020年8月12日(水)深夜から13日(木)明け方にかけて
※おすすめは12日(水)22時~24時頃

・流れ星観察にあると便利なもの
流れ星観察には望遠鏡や双眼鏡といった特別な道具は必要ありません。懐中電灯に赤いセロハン(布)を貼るのは、暗さに慣れた目を刺激しないためです。
虫よけスプレーやかゆみ止めといった虫対策、熱中症対策を万全にして観察に出かけましょう。お腹がすいたときのための甘いお菓子や飲み物も星空観察をより楽しくしてくれます。


・観察の方法
流れ星は、空のどこを流れるかは分かりません。レジャーシートの上に寝ころんで空全体が見えるようにして観察をしましょう。寝転がらずに見る場合は、北東の空を向いて観察するとよいでしょう。流れ星はすぐには流れません。少なくとも30分から1時間は空を眺めてみましょう。

・注意すること
観察は大人といっしょにしよう。
寝転んで観察するときは、自動車や自転車が絶対が通らない安全な場所を選びましょう。

挑戦してみよう(自由研究)
流星観測に挑戦してみよう
30分もしくは1時間毎に見えた流星の数を記録してみよう。長時間の観察になるので、昼寝をするなど十分に体調を整えて挑戦しましょう。観測記録は、メモ帳に記録する方法もしくはレコーダーを使って声で記録し、後から集計をする方法もあります。

必要な道具
メモ用紙・筆記用具 もしくは レコーダー

(初心者向け)
30分もしくは1時間毎に見えた流星の数を記録します。


(中級者向け)
流れ星の流れた時間、方角、明るさなど気付いたことを記録しましょう。観察後に、30分もしくは1時間ごとの数を集計すると良いでしょう。


(超上級者向け)
30分もしくは1時間毎に見えた流れ星の場所と明るさ・時間を星図に記録しましょう。観察後に、30分もしくは1時間ごとの数を集計すると良いでしょう。

星図は以下からプリントアウトできます

(8月12日     21時       23時)(    8月13日     )

調べてみよう
・流れ星にはどんな種類があるだろうか
・流星群はどうして起こるのだろう

刊行物への掲載、資料内容を改変しての使用、資料の無断商用利用はお断りします。